ホームライクな環境づくり

うちのスタジオ、家みたいで落ち着くってよく言われます。

そうなんです。家みたいじゃなくて「家」なんです。
オーナー様ご家族が住んでいらっしゃる建物の一階が店舗スペースになっていて、そこをお借りしています。

スタジオを始めるにあたり色々な物件を見ました。
雑居ビル、リノベーションデザイナーズ物件、サロン運営OKのマンションの一室など。
立地、雰囲気、不動産仲介業者の親切な対応(従姉弟の会社)、色々な条件面でここに惹かれ、決めました。

理想のエリアに、ホームライクな空間を作れそうと思えたのが一番の決め手でした。
「THEフィットネス!THEジム!THEトレンド!」とは別のイメージと言いますか、どちらかというと、パンチの効いていない感じ(笑)の打ち出し方をしたかったのです。少し緩めな印象のパーソナルトレーニング環境。

「ヨガのレッスンに出ているけど、果たして自分の動きが正しいかどうかよくわからない。」
「パーソナルトレーニングジムに行きたいけど、ハードル高そうで怖い。」
こういう声をよく聞いていたので、何となくその中間っぽいところを目指したいと思っていたんです。

そして、ここの空間に決めました。
オーナー様もとても親切にしてくださり、良い環境に恵まれながらスタートできた事が本当にありがたい。

小さなお子様がいらっしゃるので、夕方から夜にかけて、時々、微かに可愛い泣き声が聞こえて来ることがあります。(笑)
オープン当初、想定外の珍事に少し戸惑いましたが、
お客様に、「スミマセン・・・実は~、この上に小さいお子様が住んでいらっしゃって・・・」と謝ると、たいてい「ママさん大変でしょうね~」と、お客様から笑みがこぼれ、逆に場が和む和む。(笑)初めましてのお客様とはお互いに緊張が解けて、コミュニケーションが円滑になるという偶然の産物。
(もちろん、こういうケースばかりではないと思っています・・・)

そんなこんなで、スタジオオープンから無事2ヶ月が経ちました。

中年の私がやるべきこと、必要性、少しずつ定まって来たような気がします。すこ~しずつ。
ここに来たら完全にリラックスしていただきたい。そして思いっきり身体と向き合ってほしい。
思いっきり変顔して、変声出して、身体を動かしてほしい。誰も見ていないから大丈夫。
見ているのはシジュウイチの私のみ。そして私も一緒に出し惜しみなく変顔する。

「大の大人」が子供のようにはしゃいだり、ゲラゲラ笑いながら身体を動かす。なかなか楽しいもんですよ。時には下世話で楽しみながら。

色々な外的要素に負けないための身体を作る「駆け込み寺」になったらいいな~と思っています。