嗚呼、赤松さん。

来たる8月6日の日曜日、ヘアメイクアーティスト赤松絵利さんの著書「世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書」の出版イベントに参加させていただくことになりました。

赤松さんといえば、蒼井優さん、綾瀬はるかさん、多部未華子さんなど、「ナチュラル美人」な女優のヘアメイクを手がけるスペシャリスト。当日は、彼女のナチュラルヘアメイク講座をはじめ、著名な美容ライターの方、コラムニストの方を交えてのトークセッションなど、ナチュラルビューティーと赤松ワールドを存分に堪能できる内容です。私もその輪に入れさせていただけることになりました。誠に恐縮です。
各分野で華々しいキャリアをお持ちの皆さんの輪の中に、一人だけ小物の私が入ります。小物なりにお役に立てられるよう尽力します。

赤松さんと私の出会いはかれこれもう10年以上前。ある女性アーティストのMV撮影で初めてご一緒させていただきました。そこから、事あるごとに現場でご一緒させていただくようになり、彼女の「透明感のあるナチュラルメイクの技」と、アーティストもスタッフも皆んな彼女のファンになってしまう、その「人心掌握術」に毎度毎度、感銘を受けたものでした。

彼女のメイクは驚くほど最小限。そして素材を最大限に引き出す。メイクどころか、面の美容に無頓着な私でも唸るくらい、彼女のナチュラルメイクセオリーは素晴らしい。
あるスチール撮影で、ほぼファンデーションを使わずにアーティストのメイクを仕上げたことがあったのですが、どうやったらその完成度になるの???と、素人の私には不思議で仕方なかったのを今でも覚えています。とにかく素材を活かす。また、その人の心身のコンディションを細部まで見抜いて仕事をする匠。

さて、今回、赤松さんの著書の出版イベントへの出演に、ご本人からお誘いいただいたのですが、これ、私にとって本当に不思議なご縁でありまして。

というのも、赤松さんとお仕事をさせていただくのは実に8年ぶり。それまで一切お会いしていなかったのです。

私はエンタメ界の仕事と少しずつ距離を置くようになっていたので、今までお仕事で関わってきた人たちの状況など全く把握していませんでした。同じように、現在私が何をやって生きているのか知らない人が大半だと思います。今年3月のLIM開業を機にSNSを介して自身の近況報告をし始めたものですから。それまでは、一切何も発信しないまま、身体ついて学んでおりました。
そのような状況の中、数ヶ月前に赤松さんがLIMのfacebookページを見つけて下さったことがキッカケで再会できました。

今回の一連の出来事で何が不思議なご縁かって、
私がエンタメ業界から距離を置いて、身体作りの仕事に転職したキッカケになったのは、なんと赤松さんのある一言でした。

今では笑い話、否、苦笑い話として処理できるようになりましたが、昔、ある大きなプロジェクトを仕切る役職に就任し、そのプレッシャーやストレスから心身ともに絶不調な時期がありました。
寝不足、偏った食生活、なんでもかんでも車移動。運動とは無縁な生活。
所持金は豊かだったが、心は貧乏。何やっても満たされない。
今振り返るとゾッとします。本当に。

まだ寒さも残っていた8年前の3月。あるロケ現場にて赤松さんとご一緒した時のこと。
心身ともに限界に近づいていた私の姿は、体型に現れていたのでしょう。

私の後ろ姿を改めて見た彼女。おそらく助言せずにはいられなかったのだと思います。
彼女がそっと私に近づいて、真顔で心配そうに、

「あやちゃん、後ろ姿が・・・老けた。大丈夫?」と。

あの目力の強い彼女の眼差しが鋭く突き刺さりました。そして、美を扱う専門家からの一撃にハッとしました。

後ろ姿は全てを語るのね。

 

バーニーズニューヨークで買った・・・

お洒落なはずの・・・

ハイブランドの・・・

ざっくりリブ編みニットカーディガンが・・・

カブトムシみたいなシルエットに映ったに違いない。

 

カーディガンに謝罪しました。

 

彼女の口から出た、説得力のある一言が、私の後の人生を変える大きなキッカケになり、

~圧倒的に話を掻い摘み~

現在、トレーナー、スタジオを営んでいる私が存在します。

 

この経緯を赤松さんご本人に話したことは今まで一度もありませんでした。
先日の打ち合わせの際、満を持してお話ししたら一切覚えていないとのことでした。

だよな。あはは。

 

とにかく、あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら、
私はいつまでもカブトムシシルエットのままだったんです。

現在の私は間違いなく存在しないのです。

そんな8年間のストーリーの産みの親に、たまたまLIMのfacebookページで私の現在の仕事を知っていただける機会があり、記念すべき彼女の著書の出版イベントにてボディメイク講師として招いてくださった。これは、私にとって、何と不思議なご縁であり、身に余る光栄であろうか。

この一連の流れを汲んで、今回のボディメイク講座は
「背中を整えるエクササイズとストレッチ」をテーマにお送することにしました。

後ろ姿を整えることが如何に大切か、あの時の教訓を噛み締めながら、丁寧にご指導しようと思っております。

楽しみです。

FullSizeRender.jpg

ホームライクな環境づくり

うちのスタジオ、家みたいで落ち着くってよく言われます。

そうなんです。家みたいじゃなくて「家」なんです。
オーナー様ご家族が住んでいらっしゃる建物の一階が店舗スペースになっていて、そこをお借りしています。

スタジオを始めるにあたり色々な物件を見ました。
雑居ビル、リノベーションデザイナーズ物件、サロン運営OKのマンションの一室など。
立地、雰囲気、不動産仲介業者の親切な対応(従姉弟の会社)、色々な条件面でここに惹かれ、決めました。

理想のエリアに、ホームライクな空間を作れそうと思えたのが一番の決め手でした。
「THEフィットネス!THEジム!THEトレンド!」とは別のイメージと言いますか、どちらかというと、パンチの効いていない感じ(笑)の打ち出し方をしたかったのです。少し緩めな印象のパーソナルトレーニング環境。

「ヨガのレッスンに出ているけど、果たして自分の動きが正しいかどうかよくわからない。」
「パーソナルトレーニングジムに行きたいけど、ハードル高そうで怖い。」
こういう声をよく聞いていたので、何となくその中間っぽいところを目指したいと思っていたんです。

そして、ここの空間に決めました。
オーナー様もとても親切にしてくださり、良い環境に恵まれながらスタートできた事が本当にありがたい。

小さなお子様がいらっしゃるので、夕方から夜にかけて、時々、微かに可愛い泣き声が聞こえて来ることがあります。(笑)
オープン当初、想定外の珍事に少し戸惑いましたが、
お客様に、「スミマセン・・・実は~、この上に小さいお子様が住んでいらっしゃって・・・」と謝ると、たいてい「ママさん大変でしょうね~」と、お客様から笑みがこぼれ、逆に場が和む和む。(笑)初めましてのお客様とはお互いに緊張が解けて、コミュニケーションが円滑になるという偶然の産物。
(もちろん、こういうケースばかりではないと思っています・・・)

そんなこんなで、スタジオオープンから無事2ヶ月が経ちました。

中年の私がやるべきこと、必要性、少しずつ定まって来たような気がします。すこ~しずつ。
ここに来たら完全にリラックスしていただきたい。そして思いっきり身体と向き合ってほしい。
思いっきり変顔して、変声出して、身体を動かしてほしい。誰も見ていないから大丈夫。
見ているのはシジュウイチの私のみ。そして私も一緒に出し惜しみなく変顔する。

「大の大人」が子供のようにはしゃいだり、ゲラゲラ笑いながら身体を動かす。なかなか楽しいもんですよ。時には下世話で楽しみながら。

色々な外的要素に負けないための身体を作る「駆け込み寺」になったらいいな~と思っています。

 

 

 

 

目標体重の計算式

以前こちらに書いていたブログ、凡ミスにより全て消えてしまいました・・・。
とはいえ、大して更新もしていなかったので、それほど喪失感もなく。気を取り直して久々に書こうと思います。

スタジオをオープンしてから1ヶ月が過ぎました。店舗経営の洗礼をひたすら受けながら、一喜一憂、学びの多い日々を過ごしています。
 

さて、突然ですが、

目標とする体脂肪率にするためには、体重を何kg落とせば良いか。
 

それを求めるための計算式をご紹介します。これは体重の数値を下げることが目的ではなく、あくまでも「体脂肪を減らすことが目的」であり、そのための計算式としてお役立て下さいね。

私個人の考えとして、「体重至上主義」のダイエットとトレーニングは推奨していません。
数字だけにとらわれて、身体を変えたいとう本来の目的と、身体作りの本質を失いがちになってしまうからです。体重という「成績表」を見ては一喜一憂するような生活は心身ともに疲れてしまいますからね。
できる限りストレスなく身体改善(=ダイエット)と向き合ってほしい。
そのために、もっと直感的に身体作りを楽しんでもらえるようなトレーニングを心がけています。

ただ、私たちトレーナーは、「直感的に指導!」というわけにはいかない。
ちゃんとエビデンスに基づいた方法でトレーニングとお食事のご提案をしていく必要があります。

だって、ダイエットは科学ですもの。

 

本題に戻ります。
 

除脂肪体重 ÷(1 − 目標体脂肪率)= 目標体重


例えば、
体重80kg、体脂肪率40%の人が、体脂肪率を10%落としたい(30%にしたい)とします。
その場合、体重をどのくらい下げれば良いのかがわかる計算方法です。

  • 80kg x 0.4(40%) = 32kg 体脂肪量
  • 80kg - 32kg = 48kg 除脂肪量(体重から体脂肪量を除いた重量)

48kg ÷ (1-0.3) ≒ 68.5kg

これが目標体重になります。
体脂肪率を10%下げるには、11.5kg (80kg - 68.5kg )マイナスにする必要があるという計算です。

では、この11.5kgを減らしていくにはどうしたら良いか?
もちろん食べなきゃ減ります。水分をとらなきゃ数値は下がります。人間は約60%が水分でできていますから。
だた、それは「体脂肪を減らす」事にはならないのです・・・。

さて、この方が11.5kgを「仮に6ヶ月」かけてマイナスにしていく計算は以下のとおりです。
(安全かつ健康的にリバウンドなく減らすには、6ヶ月は必要と考えます)

※人間が1kg体重を減らすために必要なカロリー = 約7200kcal

  • 11.5kg x7200kcal = 82800kcal
  • 82800kcal ÷180day (6ヶ月)= 460kcal/day   

この方の場合、1日あたり460kcal「マイナスすべきエネルギー」を作れば良いということになります。
摂取カロリー < 消費カロリー になれば良いということですね。

マイナスを作るためには、運動と食事のバランスで決まるわけですが、これって、人それぞれの体質やライフスタイルによって変わってくるものなので、「こうすればいい!」っていう答えは残念ながらありません。人の数だけバリエーションがあるというわけです。ちなみに、運動で460kcal落とす事って結構大変な作業です。でも効率よく筋トレをすることによって代謝も上がり、「マイナス」に貢献してくれます。やり方は色々ありますよ。

人の数だけバリエーションがあるということは、トレーナーの腕前も人の数だけ試されるわけですよね。

嗚呼、日々勉強ですわ。